コラム一覧   |  コラム  

コラム

免疫療法
この度、リンパ球をはじめとした各種細胞の分離、培養を院内で実施できる設備を導入致しました。
 これにより、がん免疫療法(活性化リンパ球療法・樹状細胞療法)および再生療法(骨髄幹細胞療法)を行うことが可能になりました。


がん免疫療法とは


活性化リンパ球療法とは?

活性化Tリンパ球療法(CAT療法)は、血液中に存在するリンパ球を体外で癌組織を攻撃する細胞へと教育、増殖させて、体内へ戻す治療法です。


適応:がんを摘出した後の再発予防
   がん転移予防
   がん患者の免疫力向上(生活の質の改善・延命効果が期待できます)




再生療法とは

骨髄内の幹細胞を取り出し増殖させて体内へ戻す事で、幹細胞が様々な細胞へ分化し、損傷した組織を再生・回復させる治療法です。

適応:骨折
   脊髄損傷(椎間板ヘルニア)など



いずれも動物自身の細胞を用いるため、副作用がほぼ出ないことが特徴です



がん免疫療法は、ヒトではすでに多くのがん症例で実施されている治療法ですが、犬、猫での実績は少なく、動物においては効果がまだ十分には解明されていない事をご理解頂いた上でのみ実施可能な治療法です。


詳しくは、スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

参考:獣医再生医療研究会
2010/06/24 17:55
コラム一覧

病院案内
病院理念
院内設備
スタッフ紹介
地図(アクセス)
カレンダー
診療案内
受付時間・予約
夜間診療
診療内容・設備
てんかんについて
血液バンク
トータルケアサービス
ペットケアクラブ
ペットホテル
シャンプー・トリミング
しつけ教室
訪問活動
水素水
エコアクション21
ダイエットコンテスト
インフォメーション
新着・お知らせ
リクルート
病院コラム
コンテンツ
スタッフブログ
トリミングブログ
訪問活動記録
トリミング集
しつけ教室の様子